英国とEUとファイナンス


image

日本時間の6/23 15:00 ~ 6/24 6:00。
世界が注目する「EU離脱を問う英国民投票」が行われる。

自分もこの結果に注目している。
なぜなら日本をはじめとする世界の経済に影響を与えるから。

取り分けすぐに効果が反映されるのが株式市場。

明日の日本のマーケットが終わった直後に投票が開始されるので、
明日はポジション取りの最終日とも言える。

現在までのポジション調整はリスク取りの売り先行。

個人的にはもしかしたら、もしかしたら離脱するのでは?と思ってるので、
自分の選択肢としては離脱した際に備えての衝撃を緩和するポジションと言えるかな。

正直これはもう誰にも分からない。。

リスク回避で全売却でもいいかもしれないが、やはり可能性で言えば残留の方が高いかな。。
今年は年初からかなり運用時価総額を減らしてきているので、リスクを回避しつつ、
ここで取り戻したい思惑もあるが・・・、そうなれば運用でなくギャンブル。。
まあ、勝負しないも相場というが・・・

肩透かしになるかもしれない。
取り越し苦労に。

明日、そして明後日以降のマーケットがどう動くか?

今年最大の注目ポイントになりそうですね。。。